介護士の求人【大阪 京都 神戸 奈良】人材派遣のメディケア・ヒューマン株式会社

車いすの介助

  • HOME »
  • 車いすの介助

介助のポイント

  • 停止中は必ずブレーキを掛けておきます。
  • 利用者は正しく深く腰掛けさせます。
  • 座位が不安定な利用者には、固定用安全ベルトを着用させてください。
  • 利用者の体格、障害程度に最もよく適合した車いすを使用してください。
  • 座布団、クッション、枕等、利用者が安楽な姿勢を保てるための小物を利用します。
  • 車いすは、常に整備されたものを使用します。

介助

  • 車いすの真後ろに立ち、両手でハンドグリップをしっかり深く握り、前後左右を確認しながらゆっくり押します。
  • パーキングブレーキは、車いすの横に立ち、片手はハンドグリップを握り、他方の手で完全に掛けます。反対側のブレーキも同様に行います。
  • 段差や溝越え等の場面では、ティッピングレバーを踏み込み、ハンドグリップを後ろ下方に下げることで、前輪キャスター部が上がります。キャスターが上がったら、グリップをしっかり握り、膝と腰でバランスを保ちながら後輪だけで段差や溝等を越えます。
  • 下げるときは、ティッピングレバーを踏みながら静かにそっと下ろします。
  • 上り坂では車いすの後ろから、体を前傾姿勢にして一歩一歩確実に押します。
  • 緩やかな下り坂では前向きでゆっくり下りますが、急な下り坂では介助者が後ろから車いすを体で支えながら後ろ向きに下ります。
  • 砂利道など舗装されていない道では、前輪キャスターを持ち上げたまま、後輪だけで静かに押していくと楽に通過できることがあります。

 

PAGETOP
Copyright © メディケア・ヒューマン株式会社 All Rights Reserved.