介護士の求人【大阪 京都 神戸 奈良】人材派遣のメディケア・ヒューマン株式会社

シーツ交換(臥床時)

  • HOME »
  • シーツ交換(臥床時)

ポイント

振動を与えないように注意する。

顔にほこりがかからないように配慮する。

安全を守るためにベッド柵を利用する。

ベッドブラシは枕元から足元へ、向かって静かに使う。

片麻痺がある場合、患側を下にしないなど疾病・障害のレベルに配慮する。

シーツにしわやたるみを作らない。

プライバシーを守り、不要な露出を少なくする。

ベッドの反対側に回るときは足元を通る。

状態の観察を絶えず行いながら行う。

残存機能を活用する。コミュニケーションを大切にする。

手順

マットレスにはさみ込んでいるシーツを全部引き出す。

向こう側に回り、左側臥位にしてベッド柵をする。

汚れたシーツを丸め、体の下にはさみ込み、手前の清潔なシーツを広げ、マットレスの下に入れる。仰臥位にし、清潔なシーツの上に移動し、ベッドの柵をして向こう側に回る。

汚れたシーツを引き出し、洗濯袋にいれ、清潔なシーツを引き出し広げ、マットレスの下に入れる。ベッドの中央に寝かせ、枕カバーを交換し掛け物を掛ける。

 

PAGETOP
Copyright © メディケア・ヒューマン株式会社 All Rights Reserved.