介護士の求人【大阪 京都 神戸 奈良】人材派遣のメディケア・ヒューマン株式会社

虚言

虚言とは

認知症の老人は、最近のことはすっかり忘れて、何十年も前のことを現在起こっていると思ったりすることがあります。妻を母と言ったり妹と言ったり、娘と言ったり、同居している嫁を他人と言ったりします。この過去と現在の混乱による記憶の曖昧さを補うように、「子供が外国に住んでいる」「夫が病気で入院中である」との説明や作り話をしてしまいます。これは以前起こったことや、起きることを期待していること、質問に対する答えだったりします。

  • まずは、認知症の方の話を受け止めることで安心し、落ち着きます。
  • 否定や矯正はしない。
  • 事実であるかどうかを確認する。
  • 不安や心配があれば、その状況を改善していく。
  • このことで「すべてがわからなくなった老人」として判断してはいけない。

 

PAGETOP
Copyright © メディケア・ヒューマン株式会社 All Rights Reserved.