介護士の求人【大阪 京都 神戸 奈良】人材派遣のメディケア・ヒューマン株式会社

車いすからポータブルトイレへの移動

  • HOME »
  • 車いすからポータブルトイレへの移動

介助のポイント

  • ポータブルトイレはつかまる部分のある安定した適度な重みのある製品を選択してください。
  • 利用者の健側の手と足を活用します。
  • 立位でのバランスを崩さないように腰を回転させます。このとき、回転はバランスを崩しやすいのでゆっくり行います。骨折の恐れがあります。
  • 利用者が乗って回転を容易にする回転板(ディスクエイド)を利用することも考えましょう。

介助

<ディスクエイドを使用しない場合>

  • 車いすとポータブルトイレを回転させる位置を中心として直角に配置します。
  • 利用者を立たせ、介助者は利用者の正面に立ち、利用者の上体を支えながら、股間に右足を入れ、その足を軸に回転しながら、利用者の向きを90度回転します。
  • 下着は利用者を立たせたときか、ポータブルトイレに座ってから下ろします。

<ディスクエイドを使用する場合> 

  • 車いすとポータブルトイレをディスクエイドを置く位置を中心にして直角に配置します。
  • ディスクエイドを利用者の足元に置きます。
  • ディスクエイドの上にゆっくり利用者を立たせ、立位が安定したら静かに90度回転します。ディスクエイドの上で利用者を支えながら回せば、ディスクエイドの回転に合わせ利用者の身体が回転します。
  • 下着は利用者を立たせたときか、ポータブルトイレに座ってから下ろします。

 

PAGETOP
Copyright © メディケア・ヒューマン株式会社 All Rights Reserved.