介護士の求人【大阪 京都 神戸 奈良】人材派遣のメディケア・ヒューマン株式会社

たんの吸引

  • HOME »
  • たんの吸引

目的

「たんの吸引」は、医療行為で医療従事者によって行われなければならないが、やむを得ず介護職員が行う場合は、きちんとした知識と医療従事者からの説明を受けて行うものとする。たんの吸引は、本人が苦しく、辛いもので、場合によっては気管に詰まらせて命にかかわる場合もある。命を助けるために適切な対応ができるようにする。

ネブライザー(加湿装置)、タッピング(トントン叩く)、バイブレーション(胸部を振動させる処置)などを人によって使い、たんが出やすいようにする。自力で出せなかった場合に、吸引するということを徹底する。安易に吸引を行わないようにする。

吸引器

吸引は、たんなどの上気道に溜まった分泌物を取り除くために行われる。口腔内や鼻腔から行う方法と、気管切開口から行う方法がある。

気管切開とは、咽頭部を切開し気道を確保するもので、気管カニョーレ(挿入チューブ)が挿入されている。気管カニョーレを入れた場合は、空気が直接、気道に入るため、気道の中は刺激を受けやすい状態になっているので、加湿などをして、たんを自分で出せるように配慮することも大切である。

留意点

  • 看護職員がいる場合は看護職が行う。
  • 手指を石けんで洗い、消毒する。
  • 吸引器が設定した吸引圧に作動するか確認する。
  • 消毒液につけてある吸引用カテーテルチューブを、吸引器からの連結管に接続する。
  • 吸引するカテーテルの太さは挿入しているカニョーレの太さに合わせて選ぶ。(カテーテルの内径の1/2を超えない太さ)
  • 接続後吸引カテーテルを消毒液より出し、電源を入れる。
  • 吸引圧は200mmHg以下にする。
  • 吸引用カテーテルの根元を一方の親指で折り曲げて押さえ、もう一方の手で吸引用カテーテルの先端から約10cmの部分をもち、口・鼻または気管切開部から静かに挿入する。徐々に持ち手をずらしながら、喉の奥へ進めていく。口・鼻からは、カテーテルの約3分の2ほど挿入しても大丈夫。気管切開部からは、13cmほど挿入する。
  • カニョーレのひもは首の後で、ゆるすぎず、きつすぎず、固定できるように締める。
  • 吸引用カテーテルを折り曲げていた指を離して痰を引きます。このとき、吸引用カテーテルを小刻みに回転しながら短時間でひく。
  • 吸引の終了後、吸引用の外側についた痰はティシュペーパーで拭き取る。
  • カニョーレを入れると声が出せないので不安感がないように、意思疎通が図れるような工夫をする。
  • ビンに入れてある精製水または水道水を吸い上げ、カテーテル内側の痰を取除く。
  • 吸引器の電源を切り、吸引用カテーテルを消毒液につける。 
  • 気管切開からの吸引を行うときは、手袋、ピンセットを使う。
  • カテーテルは感染予防のため、使い捨てにする。

注 意 点

  • 吸引を行う前は、必ず相手に声かけをしてから行う。
  • 吸引前後の呼吸状態の変化を観察する。
    「ゴロゴロ」「ゼーゼー」「ヒュ―ヒュ―」といった呼吸音の変化、痰量、性状、本人の呼吸の自覚・表情の変化など、きめ細かい観察する。 

  • 1回の吸引時間は、10秒程度の短時間で行う。1回で取りきれない場合は、2回~3回に行う。
  • 痰の入った吸引ビンは、1日1回洗い、消毒液、精製水などは、1日1回交換する。

 

PAGETOP
Copyright © メディケア・ヒューマン株式会社 All Rights Reserved.